脳科学からの集客用動画制作

脳科学からの集客用動画制作

人の視力や聴力・脳と身体が感じるものは人により異なります。
見える見えないなどがあり、読みやすい読みにくい、感じやすい感じにくいとなど、世界が異なるのです。
空間だけでなく、時間軸など次元枠を取り払った行動心理などによっても、映像の見え方は異なります。
それらを理解して、大きさ、色、フォント映像を選んで制作するとしないとでは違いがでます。

弊社は動画・映像制作には脳の反応・脳科学や医学、認知心理・行動学を知らなければ、
本当に良い映像ができないのではないかという思いから、脳科学からの映像制作をしております。

また皆様が動画制作するにあたり、必要であろう映像技術をお伝えしたいという思いで、こちらの記事を更新しております。

色の黄金比 

色にももちろん。黄金比があります。いままで何度か色についてお話はさせていただきました。それは組み合わせと種類の話が一番多かったと思います。そして見ている色はそれぞれ違う可能性などもお伝えしてきました。
メインカラー70 サブカラー25 アクセントカラー5 歴史上の画家でこの規則をよく理解していたといわれる人が
今ではものすごく評価されていますね。 

動画制作における色彩心理

色彩心理とは身の回りにある色が心や身体に影響を及ぼすことを言います。 例えば赤は危険・緊急というイメージがあると思います。これは赤は血の色なので人間が生存するために刷り込まれたものだと言われています。 また、紅白はおめで […]

動画制作における可読性尺度

可読性尺度とは文章の読みやすさを数値化したものです。 文法のむずかしさ、意味のむずかしさ、文言の構造など様々な要素によって判断されます。 専門的な用語を使えば使うほど、分野外の人には理解できない文章になります。 また、1 […]

  • お電話でのお問い合わせはこちら
    営業 9:00 ~ 17:00 (月 - 金)
  • 0120-16-2126