脳科学からの集客用動画制作

視線解析2

件名内容は以前お伝えしましたが、
視線と心理状況は関係しあっており、
左が過去、右が未来をさします。

つまり、映像は左からみます。

見る順番ですが左上、右上
左下、右下の順番になります。

重要な脳に残って欲しい内容は
この順番に書くということになります。

会社ロゴが一番の場合は
左上ですが動画制作の場合、タイトルが左上にきて
説明を下にテロップで入れる場合が多いです。

とはいえ、
人は同時にたくさんの情報を見れないので

一番見て欲しいものは何かと
全てのシーンで考える必要があります。

写真であれ動画であれ、
主人公は何か、、が大事です。

動画・映像制作に関することはこちらからお気軽にお問い合わせください

お電話での無料お問合わせはこちらからどうぞ

  • 0120-162-126
  •          
  • 営業時間 10:00~17:30(年中無休)
  • お問合わせはこちら