脳科学からの動画制作

情報を記憶に残す映像とは

情報を記憶に残す映像とは

映画館に行って,ポップコーンを買い,ごそごそとチケットを取り出す。
9番スクリーンFの3だと確認して,中に入ると列はすっかり忘れていて,
もう一度取り出す。
今度は忘れないように「Fの3,Fの3・・」と頭の中で繰り返して席を探す。
当然映画を見たあとに席の番号など覚えているはずもない。

人は実に忘れっぽい生き物ですね。

リチャード・アトキンソンとリチャード・シフリンが提唱した多重貯蔵モデルでいう短期記憶には,5〜9個までの事柄(チャンク)しか入らないと言われています。

「223606797749978」という15個の数字を覚えることは普通は難しい。
しかし,「富士山麓オウム鳴く,名無しクックの質屋」と語呂合わせ(√5の覚え方です)にすれば,
数個の意味の塊になって覚えやすくなります。

そしてそれを長期記憶に移すためには,何回も繰り返す,
または,語呂合せのようにストーリーと結びつけます。

つまり,記憶に残りやすくするためには,

1.チャンクの数を減らす
2.イメージ化する

という2点を意識することが大切です。

法人用映像制作ではこちらの2点、訴求の為にも非常に大事なポイントとなります。

脳科学からの映像制作 動画のワールド

CG制作はこちら

動画・映像制作に関することはこちらからお気軽にお問い合わせください

お電話での無料お問合わせはこちらからどうぞ

  • 0120-162-126
  •          
  • 営業時間 10:00~17:30(平日)
  • お問合わせはこちら
       
お問い合わせイメージ