動画制作を依頼したいと思っても、事前にどのような準備をしたほうがいいか分からない、と感じている人も多いのではないでしょうか。

「プロに任せれば大丈夫!」と思っている人もいるかもしれませんが、事前にある程度準備しておいたほうがスムーズに進みやすいです。

ここでは、動画制作の依頼方法が分からない、といった方向けに依頼する前に準備しておいたほうがいいことを紹介します。

動画制作依頼前に考えておいたほうがいいこと

動画制作依頼前にしておきたい5つのことを紹介します。

1.なぜ動画制作をするのかを考える

なぜ動画制作を依頼したいのか。

そもそもの目的を明確にすることが重要です。

会社名やサービス名の認知度を向上させたいのか、商品購入を促したいのか、採用数を増やしたいのかなどによって、どのような依頼先を選ぶべきか、どんなテイストの動画を制作するかが変わってきます。

まず、なぜ制作を依頼したいのか。

基本中の基本ですので、しっかり考えておきましょう。

2.誰に見てもらいたいかを考える

どのような人たちに動画を見てもらいたいのか、事前に考えておきましょう。

性別、年齢、職業、趣味・嗜好など視聴者のターゲットやペルソナがより深く考えられているほうが、動画のメッセージが刺さりやすいです。

誰に見てもらいたいのか、いまいちはっきりしないときは、改めてどのような人に伝えたいメッセージかを考えなおしたほうがいいでしょう。

3.予算を決めておく

動画制作にいくらぐらいかけられるかによって、クオリティーなどにも差が出てきます。

プロモーションやマーケティングにも力を入れたい場合、制作費以外にも広告・SEOの費用もかかることを念頭に置いておきましょう。

4.動画のイメージを考える

どのようなイメージの動画を制作したいのか、漠然とでいいので、考えてみたほうがいいです。

「何のイメージも湧かない!」という人は、類似する業者・業態などの動画を見てみて、自らのイメージに一番合いそうなものを選びましょう。

制作を依頼する際、「だいたいこんな感じの動画を作れるとうれしいのですが……」と言えたほうが、動画制作会社とのイメージのすり合わせも容易になりやすいです。

5.自社の資料等をまとめておく

法人や製品のPR、採用募集等の動画を制作するときは、自社の資料やパンフレットなどを事前に提出できるようまとめておいたほうがいいでしょう。

当然のことながら、自社のことを深く理解してくれた会社のほうが、理想的な動画を制作してくれる可能性が高いです。

質の高い動画づくりには、顧客側の協力も欠かせません。

動画制作会社が作成しやすいよう、特にアピールしておきたいポイントをまとめておくなど、工夫を凝らすことも大切です。

動画制作は依頼前に色々準備しておいた方がよい

動画制作の依頼方法は分かりましたか?

「動画制作をしたい! 専門の会社に依頼したい! でも、そのためにはまずどうすればいいのかが分からない!」といった方は、まず上記のことを行ってみてください。

どのような動画をいくらぐらいで制作するのか、イメージが湧いてきたら、自ずとどのような会社に制作してもらったほうがいいかなども分かってくると思います。

「こんな感じでいきたい!」という映像が浮かんできたら、ぜひ映像専門会社に依頼してみてくださいね。

動画制作会社を東京でお探しの方はこちらをどうぞ