近年はBtoB企業であっても、動画制作に興味を示す会社が増えています。
なぜBtoBビジネスにおいても、重要性が高まっているのでしょうか?
ここでは、BtoB企業がなぜ動画制作に興味・関心を抱くのか、その4つの理由を解説します。

BtoB企業が動画制作に興味を持つ4つの理由

BtoB企業が動画制作に興味を示す4つの理由を紹介します。

1.自社のPRや認知度向上に役立つから

自社のPRや認知度向上に映像が役に立つと考えるBtoB企業が増えています。
というのも、動画は短時間でより多くの情報を伝達でき、イメージアップにも効果的だからです。

YouTubeなどにアップしておけば、そこからホームページを訪れる人もたくさんいます。

認知度アップだけでなく、ブランディングにも効果があり、会社説明や採用・IRといった広報活動にも多く用いられています。

2.人材採用に役立つから

近年は、CM、プロモーションなどの販促だけでなく、人材採用の側面からも、動画制作に興味を持つ会社が増えています。

最近の就活生は主にスマホで情報をチェックします。
その際、小さな文字を読むより、動画を視聴したほうが社風や先輩や会社の雰囲気などが伝わりやすいと考える傾向にあるのです。

企業側も優秀な人材を確保するためにも、採用動画の制作が欠かせなくなってきています。
自社の情報をより分かりやすく大勢の学生に伝えたい方は、ぜひ着目してみてください!

3.裁量権のある人に訴求しやすいから

BtoBにおいて重要なのが、“意思決定者へのアピール”。
現場担当者にいくら営業マンがアピールしても、「上がイエスと言ってくれない」となってしまったら、受注はできません。

しかしなかなか裁量権のある人に直接アピールできる機会はありませんよね。

そんなときに役立つのが動画。
近年は、情報が短くまとまった映像を用意していれば、それを担当者が上長にアピールするとき、利用してくれる傾向にあるのです。

たとえ担当者が口下手だったとしても、論理的かつ説得力のある動画さえあれば、誰もが営業マンのような訴求ができます。

テキストだけでは伝えるのが難しい商品などを取り扱っている場合は、積極的に動画制作することをおすすめします。

4.マーケティングにも活用できるから

動画は現在、マーケティングツールとしても脚光を浴びています。
広告やコンテンツを通じて、どのような視聴者が商品/サービス、会社などに興味を持っているかといった貴重なデータを取得することが可能なのです。

近年は、映像内にサイトへの誘導や資料ダウンロードができる仕掛けをつくる“インタラクティブ動画”も注目を集めています。
ユーザー自らクリックやタップを行うことで、企業側は能動的なデータを収集することができます。

BtoB企業でも動画制作は役に立つ!

BtoB企業が動画制作を行う、4つの理由を紹介しました。
BtoB企業であっても、動画制作はさまざまな理由にて効果を発揮します。
プロモーションや認知度向上、ブランディング、人材採用、マーケティングなどあらゆる方面にて役に立つ動画制作。
興味のある人は、ぜひ挑戦してみてください。

ワールドでは脳科学による集客の為の映像制作を提供しています。
東京・大阪で動画制作会社をお探しの方はコチラをご確認ください!